敏感肌、ニキビ肌でもOK 肌に優しいジュランツUVカット ノンケミカル

20170614007.jpg

お肌のためには紫外線防止は必須ですよね。
ただ、UVクリームを塗ると肌が荒れたりツッパリ感がしたりする人もいます。
なぜそうなるかというと、多くのUVクリームはケミカル性だからです。

ケミカルとは、紫外線吸収剤のことです。
紫外線吸収剤がはいっていると、化学反応によって紫外線をはね返し日焼けを防止します。

UVカット剤には、ノンケミカル性といって紫外線吸収剤の入っていないタイプのものもあります。
ですので、UVカット剤を塗ると肌の調子が悪くなる方は、是非ノンケミカルのUVカット剤を使うようにしてみてくださいね。

私が使っているuvカットは、ジュランツuvカットです。

20161105105.jpg

ジュランツuvカット「サンプロテクトUV50」の効果

・化粧下地としても使用できるのが嬉しいです。
・お肌のキメを整えてくれます。乾燥しないですし脂浮きもしません。
・ファンデーションがくずれません。
・美肌を維持してくれます。
・軽いつけ心地で肌に負担をかけません。
なんだかいいことづくめですね。


ジュランツのUVカットは赤ちゃんの肌にも使えるノンケミカル性なので安心して使えますよ。
毎日使うものなのであなたもUVカットはノンケミカル性に変えてみませんか?

もちろん、しっかり紫外線をカットしてくれます。
潤いを守りながら強力に紫外線カットします
ジュランツuvカットは乳液のような日焼け止めです。
長時間お肌に付けていてもお肌を乾燥させません。

フォトフェイシャルなどレーザー治療を受けた直後にも使えます。
だから、レーザー治療の後のuvカットはジュランツUVカットでOKです。

敏感肌の方にも使っていただけるUVカットです。
ジュランツサンプロテクトUV50は、SPF50 PA+++ なので、紫外線A波もB波もしっかり防いでくれます。
本当に使い心地が軽くて肌にやさしくて、美肌効果まであるのでおすすめですよ。

ジュランツはトライアルセットもあります。
トライアルセットの購入はこちらから→ジュランツ スペシャル・トライアルセット


ドクターズコスメ ジュランツの口コミはこちら→ジュランツ口コミ

私の素肌も載せてる美肌づくりのブログはこちらです
ドクターズコスメ ジュランツのエイジングケア


スポンサーリンク









ニキビ肌を悪化させるスキンケアしてませんか?

大人のニキビに良くないケアは以下の3つ。
知らずにニキビを悪化させていませんか。


●肌を触りすぎている

ニキビ肌に刺激を与えるのは厳禁です。
肌のケアを一生懸命するあまり、肌を触りすぎてニキビが悪化することもあります。
ニキビ肌のケアはシンプルなお手入れのほうが良いということも。


●肌の洗いすぎ

油脂が気になって洗顔を1日に何回もしていませんか?
過剰な洗顔はかえってニキビを悪化させてしまう原因にもなります。
過剰な洗顔は必要な皮脂まで落としてしまいます。
そのためよけいにに皮脂が過剰分泌されてしまいます。
洗顔は優しく丁寧に洗い上げるように気を付けましょう。
すすぎは肌を擦らず優しく丁寧に、髪の生え際まできちんと行うようにしましょう。


●肌のためにメイクをしないのはNG

ニキビ肌のためにと思って全くメイクをしないのもよくありません。
紫外線にっよて肌にダメージを受け、ニキビ跡が残る原因にもなります。
ファンデーションを塗らない日でも日焼け止めだけは塗っておきましょう。



ニキビ肌の洗顔料選びも大切

ニキビ肌のアクネ菌は皮脂を栄養とします。
アクネ菌の繁殖を抑えるケアが必須です。
そのためには余分な皮脂を防いでアクネ菌を抑えましょう。そうすることでニキビ予防にもなります。
洗顔料は、アクネ菌の繁殖を抑える成分が入っていて、必要な潤いは残してくれるものを選びましょう。



内側からのニキビ肌ケア

ニキビ肌の改善には、日頃の生活習慣の見直も必要です。
喫煙や過度なアルコールは控えましょう。
また睡眠不足やストレスなどもニキビの悪化の原因となることがあります。
不規則な生活を整え、正しい食生活を送るだけでも、ニキビの改善に繋がる可能性は大きいです。

肌のターンオーバーを整えることが必要ですが、そのためには健康的な肌環境と十分な睡眠、十分な栄養必要です。
それでも、体質や症状によっては改善が難しい場合もあるかもしれません。
その時は、皮膚科医に相談しましょう。
美容皮膚科では自由診療となり保険が効かないですが、保険診療の皮膚科も上手に利用しながら体の中からもケアしてください。

ニキビがあると、気になって触ってしまいがちですが、触りすぎないよう注意しましょう。
化粧品はニキビ肌に負担をかけないやさしいものを選びましょう。
そして日ごろの生活も見直して内側からケアしてニキビの改善をしていきましょう。


アンチエイジングこちらもご覧ください

美魔女ランキング